マーカス・リーチは、1986年に来日し、複数の企業やプロジェクトを成功に導いたカナダ国籍の事業家です。1988年にJCIコンサルティング株式会社の前身となる対日進出コンサルティング、企業PR広告及びイベントプロデュースを行うAEGIS ENTERPRISES ,LTD.を東京に設立、フィリップモリスグループと手掛けたアジア数都市でのモーターショウ等の大規模イベント、三越デパートと共催したサルバドール・ダリコレクションなど様々な企業活動に寄与した。1993年からは、多くの大小外資系企業の事業活動の活発化に伴い、人材面での対日進出コンサルティング、エグゼクティブサーチ(幹部・管理職人材紹介)事業を主軸とし、90年代の日本の人材市場の急激な流動化、そして様々な分野に於ける外資系企業の躍進を裏支えしてきた。2001年に場所を西麻布に移転し、より精度の高いエージェント式の人材コンサルティングに特化する現在のJCIコンサルティング株式会社を設立した。

1996年に創業、1999年に設立したイー・ソニック・ジャパン株式会社、及びesonic (L.A.)は、音楽プロモーションと企業広告を有機的に連動するノウハウ及びツールを提供する新会社で、FOUNDER/CEOとして経営に携わっている。

ブリティッシュコロンビア州バンクーバー出身、サイモンフレイザー大学コミュニケーション学部卒。